脱毛クリームを使うときのコツ

自宅で簡単に脱毛をすることができる脱毛クリーム。痛みもなく手軽に使えるということで人気があるアイテムなのですが、正しい使い方をしなければ、ムダ毛をキレイに処理することは出来ません。

「使ってみたけど上手く処理できなくてムダ毛が沢山残っている」という失敗を繰り返している人も多いです。

確かに脱毛クリームは他の脱毛方法に比べても簡単なケア方法なのですが、その分失敗もしやすいのです。

ただ、この方法はムダ毛が生えてくるまでの周期が遅くなったり、毛の量が少なくなっていったりとメリットも多い脱毛方法でもあるのです。

そこで、脱毛クリームを使うときのちょっとしたコツをお話しますね。もちろん「コツ」と言っても難しいことではないので、しっかりとおさえていきましょう。

量が多すぎても長すぎてもダメ

脱毛クリームを使うときのコツは2つ 当たり前と言えば当たり前のことなのですが、脱毛クリームを使って脱毛をするときは、「決められた量を守る」ことが大切です。

きっと「本当に当たり前のことを言うのね」と思う人もいるかもしれません。でもね。出来るだけしっかりと脱毛をしようと思い、決められている量よりも多く塗ってしまう人って意外と多いんです。なんとなく多く塗った方がしっかりと脱毛することが出来るような感じがしますからね。

でも実際はそうではなく、少ないなと感じる人もいるかもしれませんが、説明書きにある量をしっかりと守ったほうが効果が得られるんです。というのも、脱毛クリームは毛のタンパク質を溶かして脱毛します。

このときお肌もタンパク質なので、脱毛クリームを使うとお肌も一緒に軽く溶けてしまうんですね。それなのに塗る量を増やしてしまうと、ムダ毛だけでなくお肌のタンパク質にも大きく影響をしてしまうというわけ。

さらに、放置をする時間を長くすればするほど、良く毛が抜けると思いがちですが、これも同じでお肌への負担も増える原因になります。

決められた量を使うことで脱毛の効果を上げつつ、お肌への負担を軽減できるラインをしっかり設計されているので説明書きにある量は決めなくちゃいけないということなのです。

つまり決められた量を守り、放置をする時間も厳守して使うというのが脱毛クリームを使うときのコツなんですね。

関連記事
  1. Vラインの脱毛を自分でする方法
    vラインの脱毛を自分でするときですが、どんな方法で処理をしたら良いのでしょうか? 特にVラインというのは他の部位と比べても毛が太いので、正し...
  2. 脱毛ワックスをより上手に使う方法
    自宅で市販品を使って脱毛をするとき、ワックスを選ぶこともありますよね。エステサロンへ行くことに抵抗がある男性でも脱毛ワックスなら気軽に購入で...
  3. 脱毛ワックスを手作りしてみよう
    ワックスを使って自宅で脱毛をするときですが、ドラッグストアなどで市販品を買ってくるのがほとんどだと思います。ただ種類も色々とありますし、お肌...
  4. 自宅で使える脱毛器 ?ラヴィとソイエ?
    自宅で使う脱毛器には、お肌への負担を極力減らすことに重点をおいているラヴィ、毛抜きと同じ要領で、ムダ毛を挟んで引き抜く方法のソイエもあります...
  5. 自宅で使える脱毛器 ?ケノンとトリア?
    自宅用の脱毛器が1台あると、自分の好きなときに脱毛をすることができるのでとても便利です。ただその脱毛器といってもいろいろなものがあるので、い...
  6. 毛抜きは手軽に使える分、注意も必要
    自分でムダ毛の処理をしようと思ったとき、毛抜きがあると簡単に処理が出来ると考えるでしょう。カミソリとは違い消耗品ではないので、1つあればワキ...
  7. 脱毛クリームを使うときのコツ
    自宅で簡単に脱毛をすることができる脱毛クリーム。痛みもなく手軽に使えるということで人気があるアイテムなのですが、正しい使い方をしなければ、ム...
  8. 脱毛テープを使うときのコツ
    ドラッグストアに行くと、色々な脱毛アイテムを取り揃えてあるコーナーがあるものです。ただいろいろありすぎて、どれが良いのか迷ってしまいそう。そ...