脱毛ワックスを手作りしてみよう

ワックスを使って自宅で脱毛をするときですが、ドラッグストアなどで市販品を買ってくるのがほとんどだと思います。ただ種類も色々とありますし、お肌への刺激も強いので、中には合わない人もいます。

そんな時は、市販品のワックスではなく、自宅にあるものでワックスを手作りするという方法があります。薬品なども使いませんし、口の中に入ったとしても問題ないので、出来るだけお肌に優しい方法で脱毛をしたい、という人にもピッタリです。

材料も普通のスーパーで購入することができますし、脱毛専用のワックスを購入するよりも安上がりです。作り方もとっても簡単なので、一度試してみましょう。

必要な材料は、

  • お砂糖
  • レモン汁

たった、これだけです。鍋やヘラなども必要になりますが、どのご家庭にもあるものなので、特別何かを用意するようなこともありませんよ。

甘い香りで心も癒される

さて、自宅で手軽に作る事ができるワックスですが、「シュガーワックス」といいます。材料からもピンとくるかと思いますが、お砂糖を使うので甘い香りがします。

鼻にツンとくるような刺激臭は全くしないので、脱毛をしつつ甘い香りで心も癒されますよ。分量は脱毛をしたい部位によって違ってくるので、その都度比率を調節するといいでしょう。多く作りすぎても冷蔵庫で補完をすることができますし、食べてしまってもいいですよね。

ただ市販品を購入するよりも手作りをする分手間がかかりますが、休日などを利用してゆっくりと準備をすれば全く問題ありません。

一般的な分量ですが、お砂糖が450g、水450ml、レモン汁60mlです。お砂糖とお水は同量か水が少し多いくらいの分量と覚えておくと、量も調節しやすいです。

これを鍋に入れて煮詰めていくのですが、黒糖を使うと煮詰めた時の色の確認がし難いので、慣れないうちは白砂糖のほうが良いでしょう。

飴色になるまで煮詰めてトロッとしたら完成です。出来上がって直ぐにお肌に乗せると火傷をしてしまうので、ある程度冷ましてから使う必要がありますが、途中で蜂蜜を加えて保湿効果をアップさせるというのもおすすめですよ。

関連記事
  1. Vラインの脱毛を自分でする方法
    vラインの脱毛を自分でするときですが、どんな方法で処理をしたら良いのでしょうか? 特にVラインというのは他の部位と比べても毛が太いので、正し...
  2. 脱毛ワックスをより上手に使う方法
    自宅で市販品を使って脱毛をするとき、ワックスを選ぶこともありますよね。エステサロンへ行くことに抵抗がある男性でも脱毛ワックスなら気軽に購入で...
  3. 脱毛ワックスを手作りしてみよう
    ワックスを使って自宅で脱毛をするときですが、ドラッグストアなどで市販品を買ってくるのがほとんどだと思います。ただ種類も色々とありますし、お肌...
  4. 自宅で使える脱毛器 ?ラヴィとソイエ?
    自宅で使う脱毛器には、お肌への負担を極力減らすことに重点をおいているラヴィ、毛抜きと同じ要領で、ムダ毛を挟んで引き抜く方法のソイエもあります...
  5. 自宅で使える脱毛器 ?ケノンとトリア?
    自宅用の脱毛器が1台あると、自分の好きなときに脱毛をすることができるのでとても便利です。ただその脱毛器といってもいろいろなものがあるので、い...
  6. 毛抜きは手軽に使える分、注意も必要
    自分でムダ毛の処理をしようと思ったとき、毛抜きがあると簡単に処理が出来ると考えるでしょう。カミソリとは違い消耗品ではないので、1つあればワキ...
  7. 脱毛クリームを使うときのコツ
    自宅で簡単に脱毛をすることができる脱毛クリーム。痛みもなく手軽に使えるということで人気があるアイテムなのですが、正しい使い方をしなければ、ム...
  8. 脱毛テープを使うときのコツ
    ドラッグストアに行くと、色々な脱毛アイテムを取り揃えてあるコーナーがあるものです。ただいろいろありすぎて、どれが良いのか迷ってしまいそう。そ...