毛抜きは手軽に使える分、注意も必要

自分でムダ毛の処理をしようと思ったとき、毛抜きがあると簡単に処理が出来ると考えるでしょう。カミソリとは違い消耗品ではないので、1つあればワキなどの脱毛に役立ちます。

ただ毛抜きは手軽に使える分、処理をするときには注意が必要なアイテムです。それになんとなく気になる毛をぶちぶち抜いていると痛みも伴います。出来るだけ痛みを少なくし、尚且つ毛抜きを使ったムダ毛の処理でおきやすいトラブルについても確認をしていく必要があります。

もちろんケア後のお手入れも重要になるので、毛抜きを使って処理をする場合は、事前の準備も大切になります。

今まで何気なく毛抜きを使っていた人はもちろんですが、「毛抜きって単純に毛を引っ張ればいいんでしょ?」と思っていた人も参考にしてくださいね。

見た目がキレイに見える

毛抜きと同様に、カミソリを使う処理というのは手軽で、セルフケアの中でもポピュラーな方法になります。ただ仕上がりを見てみたとき、剃り残しがない分、毛抜きの方がお肌がキレイに見えるんですよね。

なのでムダ毛の処理に毛抜きを使うという人も多いのですが、皮膚の中にある毛を無理矢理引っ張り出すことになるので、当然痛みもあります。処理をするたびにこの痛みを我慢するというのは大変なことです。

そこで、もしムダ毛が長く伸びているようなら5ミリくらいまで短くカットをして、抜きたい部分の皮膚を引っ張るようにして下さい。

緩めた方が痛みが少ないように考えるかもしれませんが、皮膚を引っ張ることでわずかですが毛穴が広がります。毛穴が広がることで毛を抜く時の痛みを軽減させることが出来ます。

また毛の流れに沿って抜くというのもポイントです。ワキなどは毛によって流れの向きが違うので、1つ1つしっかりと確認をする必要がありますね。そして処理が終わった後ですが、保湿をする前にまずお肌の火照りを取りましょう。

毛を抜くということはお肌にも負担がかかる行為になるので、早めに冷やしてしっかりと保湿をしてください。

関連記事
  1. Vラインの脱毛を自分でする方法
    vラインの脱毛を自分でするときですが、どんな方法で処理をしたら良いのでしょうか? 特にVラインというのは他の部位と比べても毛が太いので、正し...
  2. 脱毛ワックスをより上手に使う方法
    自宅で市販品を使って脱毛をするとき、ワックスを選ぶこともありますよね。エステサロンへ行くことに抵抗がある男性でも脱毛ワックスなら気軽に購入で...
  3. 脱毛ワックスを手作りしてみよう
    ワックスを使って自宅で脱毛をするときですが、ドラッグストアなどで市販品を買ってくるのがほとんどだと思います。ただ種類も色々とありますし、お肌...
  4. 自宅で使える脱毛器 ?ラヴィとソイエ?
    自宅で使う脱毛器には、お肌への負担を極力減らすことに重点をおいているラヴィ、毛抜きと同じ要領で、ムダ毛を挟んで引き抜く方法のソイエもあります...
  5. 自宅で使える脱毛器 ?ケノンとトリア?
    自宅用の脱毛器が1台あると、自分の好きなときに脱毛をすることができるのでとても便利です。ただその脱毛器といってもいろいろなものがあるので、い...
  6. 毛抜きは手軽に使える分、注意も必要
    自分でムダ毛の処理をしようと思ったとき、毛抜きがあると簡単に処理が出来ると考えるでしょう。カミソリとは違い消耗品ではないので、1つあればワキ...
  7. 脱毛クリームを使うときのコツ
    自宅で簡単に脱毛をすることができる脱毛クリーム。痛みもなく手軽に使えるということで人気があるアイテムなのですが、正しい使い方をしなければ、ム...
  8. 脱毛テープを使うときのコツ
    ドラッグストアに行くと、色々な脱毛アイテムを取り揃えてあるコーナーがあるものです。ただいろいろありすぎて、どれが良いのか迷ってしまいそう。そ...