ムダ毛の自己処理がむずかしい部位はどうする?

脱毛のプロに任せるという選択も自宅で脱毛をするときは、まず自分が脱毛をしたい場所を確認する必要があります。エステサロンで脱毛をする場合は、事前にコースを選んだり、脱毛をする部分を決めて通うことになります。

もちろん途中で部位を追加をしても良いのですが、脱毛をする場所が増えればその分費用もかかってきます。

ですが、自分で脱毛をする場合は、脱毛をしたい場所が増えたからといって費用がかかるわけではありません。

ただ場所によっては皮膚が弱い部分もあるので、全身同じ方法で脱毛をすれば良いということではないのです。

後は自分では脱毛し難い部分ですね。このような場所は脱毛をしたくても出来ない、もしくは難しくお肌を傷つけてしまう可能性があるので、もしそのような場所を脱毛したい場合は、プロにお願いをした方が良いでしょう。

デリケートな部分はVラインだけにしておく

さて、自宅で脱毛をするとき、人に見られるのが恥ずかしいような場所。例えばアンダーヘアなどデリケートな部分がありますよね。

自分で脱毛ができれば、これほど気が楽なことは無いのですが、IラインやOラインの脱毛は物理的に考えても無理です。

鏡を置いて自分の目で確認できるようにしたとしても、万が一皮膚を傷つけてしまった場合の事を考えると辞めておいたほうがよいでしょう。

万が一皮膚を傷つけてしまった場合、デリケートな部分は治りが遅いですし、炎症など起してしまったら病院に行く必要があります。プロにお願いする以上に恥ずかしい思いをすることもあります。

ということを踏まえて、自分が脱毛をしたい場所を事前に確認をして、もし自分では難しいと思うような場所は、エステサロンやクリニックに行くことを検討するというのが一番良い方法ですよ。

関連記事
  1. 脱毛に使うアイテムは清潔に保つこと
    脱毛をする場所によって使うアイテムが違うこともありますが、電気や電池を使うような脱毛器の場合、自室やリビングで専用のポーチやケースに入れて収...
  2. 手軽にできる分、お肌の状態を見極めて
    自宅で脱毛をする方法にも色々とありますが、どの方法でもお肌にある程度負担がかかってしまいます。もちろんエステサロンやクリニックで脱毛をする場...
  3. 脱毛をするなら紫外線は厳禁
    女性の場合は日頃から日焼け止めと使って紫外線対策をしていることも多いのですが、脱毛をするとき、日焼けをしている状態というのは好ましくないんで...
  4. ムダ毛の自己処理がむずかしい部位はどうする?
    自宅で脱毛をするときは、まず自分が脱毛をしたい場所を確認する必要があります。エステサロンで脱毛をする場合は、事前にコースを選んだり、脱毛をす...