処理をしたい部分によってアイテムを使い分けよう

男性・女性問わず、自宅で脱毛をする場合は、脱毛をしたい場所に合わせてアイテムを使い分けることも大切です。

脱毛をしたい部分が広い場合は広範囲を処理することができるものを、曲線や狭い部分には繊細な処理ができるものを選びましょう。

男性なら、ひげの処理で電気シェーバーやT字カミソリを使うことがありますが、同じ物を使って胸毛やすね毛の処理をしようとすると、ムダ毛が長すぎて絡まってしまったり、上手く処理できないことがあります。

また胸毛やすね毛はひげよりも範囲が広いので、効率よく脱毛が出来るように、一度に広範囲処理できるものにしましょう。

同じ物で全身処理をすることができれば一番良いのですが、脱毛をしたい部位に合っていないものを使うとトラブルの原因になりますよ。

付け替え可能なカートリッジは便利

脱毛をする方法ですが、カミソリや毛抜き、脱毛クリームやワックス、テープなど様々あります。カミソリであれば腕や脚用の他に顔用といったように、刃が小さくなっていて、眉毛や口の周りの処理に最適なサイズがあります。

毛抜きの場合は1種類しかありませんが、脱毛クリームなどの市販品も、それぞれのパーツに合わせて用意されています。脱毛をする場所を確認してから、それぞれのアイテムを用意しましょう。

また家庭用の脱毛器を購入する場合ですが、付け替え可能なカートリッジがセットになっているものを選ぶと便利です。

後から必要なカートリッジを購入することもできるのですが、その都度購入をするのも面倒です。初めからいくつかセットになっているものであれば、脱毛をしたいタイミングで付け替えて、それぞれのパーツにベストなものを使うことが出来ます。

狭い範囲に最適なものを使って広範囲の脱毛をすることはできるのですが、時間がかかってしまったり、何度も脱毛をすることになるのでお肌に負担がかかります。

また広範囲向けのものを狭い範囲に使うというのは難しいので、何か1つだけ用意をするというのではなく、いくつかのアイテムを使い分けるようにするとキレイに脱毛することができますよ。

関連記事
  1. 処理をしたい部分によってアイテムを使い分けよう
    男性・女性問わず、自宅で脱毛をする場合は、脱毛をしたい場所に合わせてアイテムを使い分けることも大切です。 脱毛をしたい部分が広い場合は広範囲...
  2. マナーとしても脱毛をすることは大事
    脱毛をするというのは自分のためでもありますが、一般的なマナーとしても、人の目に触れる部分のムダ毛を処理することは大切です。 自宅での脱毛はも...
  3. クールタイプは使わない
    脱毛器があれば、例えば男性でも自分でムダ毛の処理をすることが簡単にできますよね。電気シェーバーでも剃るということは出来ますが、その分お肌への...
  4. 腕やすね毛はもちろん、ビキニラインも自分で出来る
    自宅で脱毛をする時ですが、まずは自分がムダ毛の処理をしたい場所を確認する必要があります。一般的に気になる場所といえば、腕やすね毛、後はワキの...
  5. プレケアとは、どんなことをすればいいのか?
    自分でムダ毛の処理をするときに欠かすことが出来ないのがプレケア。実は意外とこのプレケアをしていない人が多いんです。そもそも「プレケアって何?...
  6. 毛には生え代わるサイクル毛周期がある
    エステサロンなどで脱毛をする場合、毛周期を考え、ある程度期間をあけて定期的に通うことになります。でも自宅で行う脱毛の場合、ムダ毛が気になるよ...