腕やすね毛はもちろん、ビキニラインも自分で出来る

すね毛の脱毛自宅で脱毛をする時ですが、まずは自分がムダ毛の処理をしたい場所を確認する必要があります。一般的に気になる場所といえば、腕やすね毛、後はワキの下でしょう。

この部分の脱毛というのは、ほとんどの脱毛器で処理をすることができる場所なので、選ぶ時には特に悩まないと思います。

ただ中にはエステサロンで処理をするのは恥ずかしいから、ビキニラインだけでも自分で処理をしたい、という場合もありますよね。

そんな時は初めからビキニラインも処理が出来る脱毛器を探す必要があります。また自宅で脱毛をし始めてから、「やっぱりここも自分でしたいな」と考えが変わることもあるでしょう。

ですから脱毛を始める前には、どの部分を処理したいのかを確認しておくことも大切なのです。

自己処理がむずかしい場所の脱毛

自分でムダ毛の処理を出来る場所というと、自分の目で見て手が届く範囲になります。腕やすね毛、ワキはもちろん、顔や手、お腹や足の甲も自分で出来る場所になります。

それとは逆に、お尻や背中、うなじなどは自分で処理をするのが難しい場所です。もしこの部分を自分で処理しようとするのなら、「なんとなく見えている部分だけでいいや」というのではなく、家族や友人にお願いをしたり、背中やお尻であればイソフラボンなどの女性ホルモンと似た働きをする抑毛成分が入っているボディーソープを使うというのもおすすめですね。

変にカミソリを使って処理をしてしまうと、処理が出来ている部分と出来ていない部分の差がはっきりと分かってしまうので、処理をしていないよりも恥ずかしい状態になってしまいます。

自分で出来る部分は自宅で脱毛をして、無理な場所はサロンやクリニックに行くというのも1つの方法ですよ。

関連記事
  1. 処理をしたい部分によってアイテムを使い分けよう
    男性・女性問わず、自宅で脱毛をする場合は、脱毛をしたい場所に合わせてアイテムを使い分けることも大切です。 脱毛をしたい部分が広い場合は広範囲...
  2. マナーとしても脱毛をすることは大事
    脱毛をするというのは自分のためでもありますが、一般的なマナーとしても、人の目に触れる部分のムダ毛を処理することは大切です。 自宅での脱毛はも...
  3. クールタイプは使わない
    脱毛器があれば、例えば男性でも自分でムダ毛の処理をすることが簡単にできますよね。電気シェーバーでも剃るということは出来ますが、その分お肌への...
  4. 腕やすね毛はもちろん、ビキニラインも自分で出来る
    自宅で脱毛をする時ですが、まずは自分がムダ毛の処理をしたい場所を確認する必要があります。一般的に気になる場所といえば、腕やすね毛、後はワキの...
  5. プレケアとは、どんなことをすればいいのか?
    自分でムダ毛の処理をするときに欠かすことが出来ないのがプレケア。実は意外とこのプレケアをしていない人が多いんです。そもそも「プレケアって何?...
  6. 毛には生え代わるサイクル毛周期がある
    エステサロンなどで脱毛をする場合、毛周期を考え、ある程度期間をあけて定期的に通うことになります。でも自宅で行う脱毛の場合、ムダ毛が気になるよ...