クールタイプは使わない

脱毛器があれば、例えば男性でも自分でムダ毛の処理をすることが簡単にできますよね。電気シェーバーでも剃るということは出来ますが、その分お肌への負担も大きくなります。

ただどの方法で脱毛をしたとしても、脱毛後のお肌のお手入れは重要です。女性の場合はいろいろな情報を集め、必要なアイテムを揃えてから脱毛をすることも多く、女性向けのアイテムも豊富です。

でも意外と男性用のケアグッズって少ないんですよね。もちろん男性が女性用のものを使ったとしても、何も問題ありません。

ですが、気をつけて欲しいことが1つあります。それはメンズ用によくある「クールタイプ」は使わないということ。普段からクールタイプのスキンケア用品を使っているという男性も多いのですが、脱毛器を使って処理をした後、お肌に潤いを与えようと思ってクールタイプの物を使ってはいけません。

それは、なぜでしょうか?

敏感になっているお肌には刺激が強い

男性の場合、ヒゲや胸毛、膝下や腕など普通の人よりも毛深くて脱毛をしている、または考えている人もいると思います。

脱毛後のお肌というのは、普段よりも敏感で刺激に弱い状態になっているので、普段使っているようなクールタイプや清涼感のあるものを使うと、お肌に強い刺激を与えることになるんです。

というのも、クールタイプというのはスーッとした清涼感を与えるために、アルコール成分が多く含まれています。

「普段から使っているものだから大丈夫だろう」というのは危険です。脱毛後のお肌に刺激の強いものを使ってしまうと、肌が赤くなったり痒くなったりなどトラブルに見舞われることもあります。

確かに脱毛後は火照ってお肌をクールダウンさせる必要があるのですが、だからといってクールタイプはNGです。成分表に

  • アルコール
  • メントール(清涼成分)
  • エタノール

とあるものは使わないようにしましょう。「それなら何を使えばいいのだ?」と思う人は、敏感肌用のスキンケアアイテムや、脱毛後のお肌に使う専用のアイテムを探して、しっかりと保湿をしてください。

普段スキンケアコスメを使って肌の手入れをしてないという人もいるでしょうが、普段はそうだとしても、脱毛をするときには必ず必要なことなので、「面倒だから」「もっていないから」といって省かないようにしましょう。

関連記事
  1. 処理をしたい部分によってアイテムを使い分けよう
    男性・女性問わず、自宅で脱毛をする場合は、脱毛をしたい場所に合わせてアイテムを使い分けることも大切です。 脱毛をしたい部分が広い場合は広範囲...
  2. マナーとしても脱毛をすることは大事
    脱毛をするというのは自分のためでもありますが、一般的なマナーとしても、人の目に触れる部分のムダ毛を処理することは大切です。 自宅での脱毛はも...
  3. クールタイプは使わない
    脱毛器があれば、例えば男性でも自分でムダ毛の処理をすることが簡単にできますよね。電気シェーバーでも剃るということは出来ますが、その分お肌への...
  4. 腕やすね毛はもちろん、ビキニラインも自分で出来る
    自宅で脱毛をする時ですが、まずは自分がムダ毛の処理をしたい場所を確認する必要があります。一般的に気になる場所といえば、腕やすね毛、後はワキの...
  5. プレケアとは、どんなことをすればいいのか?
    自分でムダ毛の処理をするときに欠かすことが出来ないのがプレケア。実は意外とこのプレケアをしていない人が多いんです。そもそも「プレケアって何?...
  6. 毛には生え代わるサイクル毛周期がある
    エステサロンなどで脱毛をする場合、毛周期を考え、ある程度期間をあけて定期的に通うことになります。でも自宅で行う脱毛の場合、ムダ毛が気になるよ...